有限会社 カムチャツカ トラベル グループ


みなさまからの反響

 わたくしどもが開いたツアーについて、みなさまからいただいた反響の声、ご感想、印象などを、ここでご紹介いたします。でんわ、FAX、E-mailで、たくさんの声をお寄せください。
  でんわ FAX 兼用:7 4152 461400
       E-mail:plot@iks.ru

 わたしたちのグループをお世話してくださったスタッフのなかでも、特にサーシャさんを特筆したいと思います。ガイドとしての彼は、優秀で、頼もしく、自信にあふれていました。あるときは、きちょうめんで、独創的で、気転の効くコックさんでもありました。そしてまた人間として、親切で、よく気がつく、陽気な方でした。ほかのスタッフの方も、わたしたちのためにすばらしいチームを組んでくださいました。澄んだ山の空気、新鮮な食糧の山……「しあわせ!」の一言でした。みなさん、ほんとうにありがとうございました。
     2000年8月14日
     チム ビレット (香港)

親愛なる友人たちへ
 すばらしくプランニングされた、忘れられないツアーでした。ほんとうにありがとうございました。天気がよくて何よりでした。ユーリャは、いつも陽気で、じゅうぶん鍛えられた、すばらしいガイドでした。つぎのシーズンにも彼女を用いられますよう、わたしからも推薦いたします。来年の8月に、もう一度カムチャツカを訪れたいと思います。もう一度みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。どうもありがとうございました。どうか、わたしのこころからのごあいさつをお納めください。
     2000年8月23日
     デヴィッド メチユ (イギリス)

 わたしたちをサポートしてくれたチーム全員に感謝します。また特にエレーナさんの技術とプロ魂にお礼を言いたいです。見たかったものは、全部見ました。みなさんの国の美しさ。すばらしい動・植物の世界。わたしが出会ったひとたちはみんな、わたしに強い印象を与えました。いい思い出になりました。
     2000年9月1日
     パトリック ジュパート (フランス)

 夢のような土地で、驚くべき旅を経験しました。みなさんの土地で知り合ったひとびとは、みんな私のお気に入りになりました。私の旅は、このようにすばらしいひとびとと出会う、かけがえのないチャンスとなりました。みなさんの国はとびきりの美しい国です。いつかまた訪れたいです。愛を込めて、カムチャツカよ、さようなら。
     2002年9月2日
     ルートゥ (スイス)

親愛なるゾーヤ様
 すばらしくプランニングされた旅行について、一言お礼の言葉を申しあげます。わたしたちの旅行は2週間前でした。一言で言えば、ほんとうにすばらしい旅でした。ガイドさんありがとう。あなたは、お世話が上手で、客あしらいがお上手で、経験もあり、親切でした。あなたのようなガイドは、ふたりとはいません!わたしたちの旅は長いものではありませんでしたが、いつまでも思い出に残るでしょう。わたしはこの5年間ロシアを旅行していませんでした。決して高くはない料金で、すばらしいサーヴィスを提供してくださいました。ありがとう!もっと長くいられなかったのが、とても残念です。けれども、きっとまたみなさんに会えると信じています。こころからのあいさつを送ります。
     2000年9月11日
     リンダ マクラフラン (在モスクワイギリス大使館)

 3週間にわたる旅行を思い出すとき、わたしはとても満足な気分になります。というのも、関係者15人で作ったわたしたちのグループは、カムチャツカの最難関ルートを踏破したのですから。晴天がつづき、わたしたちは18頭のヒグマに出会いました。ヒグマを見ることが、わたしたちの旅の目的のひとつでした。みなさんの提供してくださったサーヴィスの質の高さには、ただ驚かされました。ツアーのプランも、ほどよいものでした。つぎにまたカムチャツカで会える日を楽しみにしています。
     8月4日
     ポール ボルスルーパー と H.T.ヴァンデレイゼン (オランダ)

 ああ!それを言葉でなんと表現すればいいのでしょう?!あのすばらしい冒険を。カムチャツカはとびきり美しく、おだやかで、野性的で、自由な天地です。最果ての、原始のままの天地に、わたしたちはほんとうに足を踏み入れたのです。ほんとうにラッキーでした。永遠に思い出として残る人生の1ページを、刻ませてもらいました。ほんとうにありがとうございました。愛を込めて、これからカムチャツカを訪れるツーリストたちに、まごころからのあいさつを送ります。
     2001年9月28日
     ケティーノルトン (オーストラリア)

 「世界探検」社のシユ フィアルです。カムチャツカについて、またわたくしどものツアープログラムについて、多くを語ることは可能です。しかし紙のうえでは、すべてはあまりにも短く、無味乾燥で、簡単にすぎます。カムチャツカではいつも、自分のなかにたくさんの新たな発見があります。大きな魂の力をもったひとびと。手つかずの自然の原始のままのうつくしさ。それらすべてを正当に評価し、後世に伝えていかねばなりません。そしてそれは、わたしたちのような、カムチャツカを訪れるツーリストー人ひとり、また地元住民一人ひとりの手にかかっているのです。わたしたちは地球上のこの特別な土地を大切にしなければなりません。くれぐれもごきげんよう。お正月にまた会いましょう。
     2001年9月28日
     シユ フィアル 「世界探検」社 (オーストラリア)

 わたしたち4人、アーニャ、イーラ、クセ−ニャ、コンスタンチンは、貴社スタッフ、ゾーヤ、エカチェリーナ、ユーリャ、ヴェーラ ニコラエヴナ、オーリガ、パーヴェルさんに、こころから感謝いたします。わたちたちは夢物語のようなカムチャツカの旅を経験しました。ゲイゼル渓谷の魅力。物語のなかのようなナーリチェヴォの美しさ。スタッフのみなさんのすばらしい組織力、お世話が上手でよく気がつくガイドのみなさん、その調子でいつまでもがんばってください!また会えるといいですね。ご成功をお祈りしています。ありがとうございました。
     2001年10月11日
     ロシア経済学校と金融経済研究開発センターのみなさま (モスクワ)

 はじめてペトロパヴロフスク・カムチャツキーに来ました。みなさまのおかげです。みんな最高でした。スタッフのみなさんは、みんなかわいくてよく気がつくひとたちでした。わたしの休暇をいいものにしようと、みなさんがこころを配っていらしゃるのを、いつも感じていました。トレッキングもクルージングも、とてもよかったです。ニェナーシェヴァ ユーリャさん、サーシャさん、オレーシャさん、そしてすべてのみなさんにお礼申しあげます。ではまた。ヤロスラヴリで待っています。
     2002年4月13日
     アンドレイ ホバノフ  (ロシア)

Japan Reference

Japan Reference

ツアーコースのご案内

Back | ツアー申込書 | Top | Russian | English